会社設立前

STEP4:設立前準備④資本金払込

資本金を払い込もう!

 

定款を作り終えた後は資本金の払込をします。

資本金は、会社を最初に回していくための重要なお金でしたね。

また、貴方が会社に対して行う投資でもあります。

頑張って会社を育て、社会的な価値が出てくれば、何十倍もの金額で売却することも出来ます。

その大事な大事な第一歩です。

 

それでは手順と注意を見ていきましょう。

 

注意!払込は定款認証日より後にやらないといけない!!

そうなんです。

資本金の払込は、定款認証日より後の日付でないと認められません

例えば資本金500万円が必要だとして、口座に予め500万入ってるからOK!とはならないんですね。

その場合は一度500万円を引出して、再度口座に入れれば払い込んだと認められます。

 

資本金は分けて入れてもよい

また、100万、200万、200万と分けて入金することもOKです。日にちが空いても構いません。

ですから窓口に行かずにATMでも細かく刻んで入金していけば出来ます。

ただし、あまりにも間が空いていたり、100万入れて、出して、入れて、出して、、、、と100万円で500万円あるかのように見せるのはやめましょう。

結局そんな見せ金をしても、決算書が汚れるだけです。会社には500万円があることになってのスタートなのですから、どうやっても400万円辻褄が合わなくなるからです。

出来る限りきっちりやることが、対外的な信頼を得る一番の近道です。

 

発起人が複数人の場合は、振込で一人の口座に集めよう

資本金の払込は、基本的に貴方(発起人)の口座に資金の額を振り込むか、預け入れをすればOKです。

ただし発起人が複数人いる場合には、誰か一人の口座に振込で集めましょう

振込ならば『誰がいくら用意したのか』がはっきりと分かります。

 

払込の手順まとめ

手順は以下のとおりです。

step
銀行へ行く

step
払込額が資本金の額になるまで払込む(残高ではない!)

ここまでは出来ましたね。残るは

step
通帳のコピーを取る

step
ホッチキスで綴じ、割印を押す

の手順です。

では見ていきましょう。

 

コピーするページと綴じ込み方

通帳のコピーは、表紙と、めくった1枚目(銀行印が押印してあるところ)払い込んだページの3つをコピーしておきましょう。

WEB通帳やネット銀行の場合は、取引証明を印刷すればOKです。

ここに、『払込のあったことを証する書面』という書面を表紙につけて、綴じ込みます。

払込のあったことを証する書面のテンプレートは、下記、法務局のものを参照して下さい。

複数枚になると思いますので、ホッチキスで2箇所を綴じた後、ページを見開きにし、ホッチキスの間のところに割印を押していきましょう

こうすることで、一つのまとまった書類である証明になります。

割印は、今後契約書を作成する際にも重要な考え方です。

今ココでしっかりと身につけておきましょう!

 

次のSTEP5でまとめて書面を綴じていきますので、綴じ込みはそのときでもOKです。

ただし書類が多くなりますので、予め綴じておくと良いでしょう。

 

資本金払込証明の完成!

無事に準備は出来ましたか?

 

それではいよいよ登記申請書類一式の作成です。

会社設立まであと少しですよ!

STEP5へ!

設立前準備⑤登記申請書類作成

 

-会社設立前

© 2021 ようこそ!社長の世界へ Powered by AFFINGER5