経営

【収益向上】オフィスの数量管理【原価削減】

消耗品の数量管理が大事!こんばんはダイコーです。

オフィスの数量管理していますか?

固定費を下げるために重要なこととして、消耗品・備品の管理があります。
消耗品費は管理しないと結構ムダが生じやすい勘定科目なのです

細かいなぁ~めんどいなぁ~と思う方。
貴方が率先してやらないと、社員はやりませんよ。

社員は、本当によく社長のことを見ています。
社長が出来ないことをやろうと思う人は稀です。
いたら重宝してあげてください。優秀です。

社長がやらないことは、みんなやらなくていいと考えるものです。

消耗品は、管理シートで管理する
全員が見えるようにし、共有しましょう。全員で監視体制を作ると、ゆるくなりにくいです。

特に管理すべきなモノは下記です。

きっちり管理しよう!

  1. ペン類
  2. ハサミ・カッター
  3. クリップ
  4. ホッチキス&芯
  5. 切手
  6. ハガキ
  7. 印紙

 

切手・ハガキ・印紙類は金券ですので、特に取扱は十分に気をつけましょう
金券類は徹底して管理しておかないと、あっという間に緩いムードになります。
お金関係は最初からきちっと締めましょう

ただし、広い意味で見れば消耗品類もお金がかかっているものです。
全て、きっちりすることが望ましいのは言うまでもありません。

貴方の会社は貴方がつくる。
貴方が会社の風土であり、会社の基盤です。

冒頭にもお話しましたが
消耗品類は散らばっているとぶくぶく膨れ上がり、固定費の増大に繋がります。

誰かはたくさん持っているのに、誰かは足りない。
足りない人は、社内にないものと思って購入します。
結果、色んな所でモノがちょっとずつ溢れていき、全体では大きくムダが出てしまいます。

ムダを省くことは会社の収益性を高めます

会社の収益が高まれば、会社の再投資も早まり
結果として会社の成長につながります。

貴方の未来への投資を早めるためにも、数量管理にこだわっていきましょう。

それでは今すぐ管理表の作成に着手して下さい! GO!

 

今すぐオフィスの数量管理を!

-経営

© 2021 ようこそ!社長の世界へ Powered by AFFINGER5